ねこちゃんと遊ぶ

ねこちゃんと遊ぶときには注意したい事

ねこちゃんとの(遊び)には、ねこちゃんのストレスを解消したり、
脳や体への刺激や適度な疲労による、夜中の運動の予防などの効果があります。

☆室内飼いのねこちゃんと効果的に遊ぶ方法があります。

ねこちゃんと遊びは?

ねこちゃんが生きていく上で、必要ない行動を、
 不明確な目的のに行うことです。

ねこちゃんにおける遊びは、生後4~16週齢の間に最もよく見られますが、
 成猫になってもなくなりません。

遊びの目的には娯楽、体力の増進、狩猟行動の練習、神経系の発達、
 周囲の環境への慣れなどがあります。

healing_navi

①ねこちゃんの社会的遊び

子ねこ生後4週齢の頃は、兄弟猫とじゃれあう、
 社会的遊びが多いいみたいです。

離乳の早いねこちゃん、オスだけからなる群れにおいては、
 社会的遊びが促進されると言われてます。

一人っ子ねこちゃんに関しては、母ねこが、
 遊び相手になってやることが多いようです。

②子ねこの単独遊び

子ねこ同士で行う社会的な遊びから、独りで行う単独遊びへと
切り替わるのは、離乳期の終りに差し掛かった7~8週齢頃です。

一人遊びは、隔離されたり兄弟のいない子ねこちゃんで、
 オスの兄弟ねこがいるメス子ねこで、多く観察されます。

ねこちゃんと上手に遊ぶ方法

ねこちゃんと上手に遊ぶときのコツをまとめました。

一匹しかいないねこちゃんや、やんちゃ盛りの子ねこちゃんを、
 相手にするときの参考にして下さい。

事故を予防するため、遊ぶ前には必ず固いものを片付けたり、
 突起にクッションをかぶせるなどします。

足腰への負担を軽減するため、ねこちゃんに急激な方向転換をするような、
 おもちゃの動かし方は避けるようにします。

うまく遊んであげれば、適度に疲れて夜中に騒ぐことがなくなるでしょう。

【ネズミ型遊び】

おもちゃをネズミのように動かして猫を挑発する遊び方です。

物陰に隠れる・音を立てる・すばしっこく動くという、
 ネズミの特徴を上手に再現することです。

【トリ型遊び】

おもちゃをトリのように動かして猫を挑発する遊び方です。

空を飛ぶ・激しく左右に動く・高いところに止まる・突然飛び立つという、
 トリの特徴を上手に再現することです。

【ウサギ型遊び】

おもちゃをウサギのように動かして猫を挑発する遊び方です。

ピョンピョン跳ねる・突進する・物陰から突然現れるという、
 ウサギの特徴を上手に再現することです。

大きなおもちゃよりも小さなおもちゃに対する食いつきの方がよいのと、
 おもちゃに噛み付く行動が、満腹時より空腹時に多く見られたといいます。

s_8fabt4ko

▼出会えて良かった!ねこちゃんと上手に遊ぶ方法!♪

↓ ↓ ↓

ねこちゃんと上手に遊ぶ方法