ねこちゃんによくない食事は与えないモノ

ねこちゃんに注意したい食べモノ!

ねこちゃんは何でも口にしたりかんだりするので、
飼い主さんが変なもを口にしないように注意しましょう。

ねこちゃんに食べさせてはいけない危険な食べ物は、
沢山あります。

そんなモノをまとめてみました。

※ついうっかり間違えた?・・・がないようにしてください。

ねこちゃんが口に入れてはいけない危険なモノに関しては、
是非、ご参考にしてください。

【ねこちゃんの毒となるモノ】

ねこちゃんにとって危険な有毒植物

ねこちゃんにとって有毒な植物を紹介します。

私たち人間にとっても大変危険な植物がありますので、
ご参考ください。

キンポウゲ科、ツツジ科、トウダイグサ科、ナス科、バラ科、ユリ科の植物
基本的に危険ですが、他の植物が安全というわけではありません。

わけのわからない草や花を、猫が口に入れないよう注意いして
習慣をつけることが何より大切です。

ねこちゃんにとって危険な毒物

ねこちゃんが誤って食べたりすると中毒症状が出たりしますので
危険な毒物をまとめてみました。

危険植物に関してもたくさんありますので、危険な有毒植物を
ご参照ください。

ねこちゃんの毒になる食べ物

人間にとっては何の害もない食べ物ばかりですが、
ねこちゃんにとっては毒性を示すものが意外とたくさんあります。

他人が「おやつ!」として、食べさせることもありますので要注意です!

ねこちゃんに与えてはいけない食べ物

☆チョコレート・ココア 
☆ぶどう・レーズン 
☆キシリトール
☆たまねぎ・長ネギ・ニラ 
☆人間のサプリメント 
☆エビ・カニ・貝類・イカ・タコ 
☆ハム・ソーセージ・珍味・ちくわ 
☆ケーキ・クッキーなど 
☆アルコール
☆牛乳 
☆卵白 
☆刺激物 
☆大量のレバー 
☆アボカド 
☆アンズ 
☆ウメ 
☆ジャガイモの芽 
☆スモモ 
☆サトイモ 
☆トマト 
☆ナス 
☆モモ 
☆カビの生えたもの

浮かれ気分でいると、危機意識が薄らぐので誤食を招いたりもします。

飼い主さんが、軽い気持ちでねこちゃんに与えたり、
ねこちゃんが近づかないよう注意してください。

グルーミング性中毒の原因

ねこちゃんが、何らかの薬物や化学物質、食べ物などを口にしたり、
吸い込んだり、皮膚から吸収したりして、体のどこかに機能障害を
引き起こした状態をいいます。

☆タバコの煙
☆殺虫剤
☆ハンドクリーム
☆化粧品
☆猫砂の粉末
☆シャンプー

上記の成分が被毛に残ったままだと、ねこちゃんが毛づくろいのときに
口から成分を摂取したり、体調不良になるので与えないでください。

こうならないように、飼い主さんが注意をしてあげましょう。

いつまでもねこちゃんと健康で暮らしたいですよね(^^♪

老齢猫の食事に加える高栄養パウダー「健康寿命」

老猫の健康を考えた&ピース♪

↓ ↓ ↓

老猫の健康を考えたは愛そのものです(=^・^=)

■ねこちゃんについてご質問などありましたらメールください。

  ↓ ↓ ↓
 
■お問い合わせ