ねこちゃんに服はいいのかな?

20140107cat(2)

ペットショップに行くと、ねこちゃん用の洋服が並んで
売られてました。

ねこちゃんに可愛い洋服を、着せて写真に残したいと
思う人が増えてきています。

🐈ねこちゃんに洋服を着せるメリット・デメリットは?

ねこちゃんは基本的には洋服を着せられるのが嫌いです!

ねこちゃんに洋服を着せる文化は定着してありませんので
着せる必要はあるのでしょうか?

また、ねこちゃんにストレスはないのでしょうか?

14101583_711207209017443_26446789_n

「似合ってるかな~」

【メリット】
洋服を着せてのメリットもあります。

①抜け毛の防止

②病気、ケガの治療中の皮膚の保護

③寒さ対策

ねこちゃんがケガや皮膚病になった時に、ねこちゃんが体
の傷や手術後の患部を舐めないようのエリザベスカラー
(保護具)です。

エリザベスカラーが顔の周りに大きいので、狭いとこや壁などに
ぶつかるのでねこちゃんにストレスを与えます。

エリザベスカラーを付けるとねこちゃんは食欲不振になったり、
ケガなどをしがちになります。

中には、洋服を着せても気にならない、ねこちゃんもいます。

また、洋服は通気性の良い木綿などを選びましょう。

不潔にならないよう小まめに交換することが大切です。

ニオイや汚れで不潔にならないように着替えも用意してください。

14089441_711333592338138_603642863_n

「なに着せるのだょ~」

【デメリット】
洋服を着せてデメリットは多いいので注意しましょう。

①強いストレスを感じるねこちゃんも居る

②グルーミングができない

③洋服を何かにひっかけたり齧ったりしてケガしたり
 誤飲することがある

④ねこちゃんが病気に気が付かない

⑤長時間着せていると毛玉ができやすい

ほとんどのねこちゃんが、洋服を着せたりすると、その場から
動かなくなりストレスを感じてます。

ねこちゃんがグルーミングができなくなってしまいねこちゃん
にとっては非常にストレスで健康にも良くないです。

ねこちゃんがストレスから洋服を齧って食べてしまう場合があります。

ねこちゃんに洋服を着せると動きや活動を妨げる可能性があります。

ねこちゃんは我慢してしまうので、なかなか病気が見つかりづらいです。

なので、日頃からこまめにねこちゃんの変わったところがないかチェック
してを観察してあげましょう。

見た目、異常があっても分かりづらいので、洋服を着せたときには
ねこちゃんが発する病気のサインを見逃さないよう注意してあげましょう。

14101658_711334142338083_53059374_n

「とうちゃん、この子の世話全部するから、飼ってもいいかな~」

※ねこちゃんに洋服を着せるのは飼い主さんのエゴかも?

「ねこちゃんが洋服を着た姿が可愛い」などとは言っていられませんので、
 ねこちゃんが嫌がった時には、無理に洋服を着せないほうが良いです!

ねこちゃんが洋服を着るのは可愛いですが、ねこちゃんは決して嬉しいこ
とではありません!

健康上のデメリットが大きいので、特別な場合以外は本来の姿でも十分に
可愛いですから!

「みみにこのお洋服に合うと思う?」
こっちの方が似合うかな?

でも、かわいいょ(^^♪