ねこちゃんのアレルギー

080201

 ※猫アレルギー

毎日可愛いねこちゃんですが、猫アレルギーに悩まされてる人も居ます。

猫アレルギーとは、ねこちゃんを抱っこしたりして接触したりする
ことによってアレルギー反応が引き起こします。
(くしゃみ、鼻水、咳など、風邪)とよく似た症状を発症することです。

そのままにしても体が慣れてアレルギー反応が自然治癒しません。
ねこちゃんと10年近く同居しようと考えてる人は、

自分や家族に猫アレルギーオマケ付♪送料無料♪ziwipeak ベニソン&フィッシュ400g【ジウィピーク キャット】【…がないことを確認することが大切です。

 ※猫アレルギーの症状

猫アレルギーの症状は、ヒスタミンと呼ばれる体内の化学物質によって
引き起こされるもので、風邪の症状とよく似ています。

ねこちゃんと接することによりアレルギー物質が体内に入り、
アレルギー反応(典型的な症状)が引き起こされることで発症します。

猫アレルギーの症状って
 
 猫アレルギーの症状 

d9fdfbd97a331546645ec2114066791c

●目のアレルギー症状
かゆみ・充血・涙・腫れ
●鼻のアレルギー症状
かゆみ・鼻水・くしゃみ・鼻づまり
●のどのアレルギー症状
痛み・咳・喘鳴(ぜんめい=ぜーぜーいうこと)
●皮膚のアレルギー症状
発赤(ほっせき)・かゆみ
●その他のアレルギー症状
胸を締め付ける感覚・唇の荒れ・喘息のような咳き込み・花粉症様症状

77a47590d589a295a9d915dd13e133af

 ※猫アレルギーの事前チェック

飼ったはいいが、自分や家族にアレルギー症状が
出てしまったというパターンがあるのが現実です。

猫を迎える前に、自分や家族にアレルギーが
あるかどうかは必ず確認してください。

猫アレルギーチェック!
 
 猫アレルギーチェック 

●猫との実験的な事前接触

猫アレルギーを持っている人でも、約半数の人はすぐにアレルギー反応
を示さないといわれていますので、数回猫ねこちゃんに触れただけで
アレルギー体質の判断をしないで、数ヶ月かけて最低でも10回以上
ねこちゃんと触れ合ってから判断してください。
images (5)
キレイににしてニャン♪ 
猫アレルギーの予防法

 ※猫アレルギーの予防法

●猫アレルギーを引き起こすアレルゲンは極めて小さいため、

空気中に舞い散ると数ヶ月から数年もの間、
部屋の中にとどまることも珍しくありません。

●カーペットをやめる

目の細かいカーペットの代わりに、表面がツルっとした
ビニール製カーペットやフローリングに替えることも、
アレルゲンの軽減に役立ちます。ただし猫が足を痛めないよう、
フローリングには滑り止め加工をしてください。

●ねこちゃんに触った後の手洗いを忘れない

ねこちゃんは自分では 毛繕い、羽繕い、ノミ取りできない
首や顎の下をなでられることも好みます。
 その部分をなでた手には多くのアレルゲンが付着してしまいます。
ねこちゃんを触った後、しっかりと手を洗うことが重要です。

●オス猫を去勢する

アレルゲンの産生量に性差があるかどうかを調べた結果、
メス猫よりもオス猫の方がたくさん作ることがわかっています。

●頻繁なブラッシングで抜け毛を減らす

アレルゲンの付着した抜け毛との接触機会を減らすことが
できれば、それだけアレルギー反応の発現も減らすことができます。

●週に2回、猫のシャンプーを行う

ねこちゃんにシャンプーをすると
アレルゲンを減らすことができると確認されています。