ねこちゃんもしつけが大事

猫ちゃんを飼ったことのある人は、みなさんこんな経験はありますよね。

yjimage
「ガブリッ!」

普段はおとなしいねこちゃんも、時にはキバで噛み付いたり
爪でひっかいたりすることがあります。

こうした行動の原因は色々あり、対策を間違えると、
逆に攻撃性が増してしまうてしまう危険性があります。

いつも大人しいねこちゃんですが、人間と同じように、
しつけをすることが大切です。

ねこちゃんのしつけ
 
ねこちゃんと人間が同じ生活していく為には、
守らなければならない最低のマナーがあります。

早い時期に、ねこちゃんのしつけが大事になりますので、
焦らないでゆっくり完するようにしてください。

ねこちゃんと楽しい共同生活を送るようにしましょう。

ねこちゃんのしつけの基本

ねこちゃんは、犬に比べてしつけに対しても覚えは悪いいですが、
だからといって、むやみにしかりつけたり罰したりしていては、
ペットとの幸せな共同生活は送れません。

ねこちゃんのしつけのコツ

ねこちゃんは、生後2~7週齢の間に社会化期を迎えます。

社会化期(しゃかいかき)とは、
外界の刺激に対して、順応するための学習期間のことです。

大切な時期、2~7週齢を逃してしまうと、
二度と訪れることがないという点でしょう。

なので、この社会化期のうちに行うしつけが
「期間限定のしつけ」ということになります。

社会化期に行う期間限定のしつけは、
子ねこちゃんを、人の手でやさしく触ってあげる
ハンドリングが大切です。

キチンとハンドリングを受けた子ねこちゃんは、
人間の手を怖がったり嫌がったりしない、
よいねこちゃんに育つと言われています。

人懐こいねこちゃんにしたい場合は、
社会化期におけるハンドリングが、大変重要だということです。

具体的には、2~7週齢の間に4人以上の人間が、
1日1時間程度の触れ合いを、持つことが理想だと言われてます。

生涯しつけが大切

もし「期間限定のしつけ」である場合は、
社会化期を終えてからの学習は「生涯学習」と言えます。

ですので、人間との生活になじませ、一生を掛けて少しずつ
しつけを学んでいく長期的な学習という事になりますが。

ねこちゃんの生涯学習は、「古典的条件付け」と
「オペラント条件付け」という動物に、共通する基本的な
学習パターンを通して行われてます。

ねこちゃんは犬ではない

犬とねこちゃんは、二大ペットといわれるが、
学習能力には大きな差があります。

ねこちゃんは、「古典的条件付け」、「オペラント条件付け」
の2大パターンを通して生涯学習を重ねていきます。

しかし「ねこちゃんは犬ではない」ということです。

犬とねこちゃんの学習能力は違うので、犬と同じ手法を
ねこちゃんにしつけても、結果が出ないことが多いいです。

ねこちゃんをしつけるには、犬とは違いますので、
時間と労力が必要となることは知っておきたいです。

ねこちゃんをしつける際の注意

ねこちゃんは、大切な家族です!
ねこちゃの基本的な学習や知識(パターン)を適切に使わなければ、
ねこちゃんの行動はなかなか変わりませんので、
愛のあるしつけを行うようにしてください(^^♪

024-comment