どんな猫ちゃんにも対応したキャットフード

猫ちゃんの餌も、たくさんあるので悩んでる飼い主さんも多いですよね。

「どの猫餌がいいのかな?」

飼い主さんによっては、何匹もの猫ちゃんを多頭飼いしてる人もいますよね。

今日はそんな飼い主さんでも安心できる、猫餌の紹介をしたいと思います。

ナチュラルバランス ホールボディヘルス(ドライフード)です。

全猫種や全年齢も対応してる猫ちゃんの餌なんです。

こんな餌なら、いちいち猫ちゃんに合わせて買う手間もないので、
く安心ですし、嬉しいですよね。

猫ちゃんの体にとって、どれだけ与えるのが良いのでしょうか?

猫ちゃんの食事のメインとなっているドライフードは、

値段もお手頃で保存もきくので人気です。

朝お皿に一日出していても大丈夫なのでとても便利です。

猫ちゃんのエサの量は、どのくらい与えるのが良いのでしょうか?  

今、与えているキャットフードのパッケージに書いてある、
分量やカロリーを参考にして与えるのが良いです。

猫ちゃんによっては、食べる猫ちゃんだったり少食の猫ちゃんもいます。

もし、猫ちゃんが欲しがっても、与える必要はないのです。

基本的には、適量で適正なカロリーを守っていれば大丈夫です。

反対にキャットフードをあまり食べない猫ちゃんは、
放っておいても自然に食べますよ

中には、ただ少食だと思っていた猫ちゃんが、病気だったりがありますので、

いつもより食べなかったり、下痢をしたりしたら受診してもらってください。

ドライフードのデメリットとメリット

ドライフードのデメリット

ドライフードの欠点は水分量が少ないのが少ないのがデメリットです。

猫ちゃんは、たくさんの水を飲まなくても生きられる体をしています。

ですが、ドライフードの悪い所は、猫ちゃんは水不足になってても、

あまり気が付かないからです。

なので、ドライフードばかり与えていて、水をあまり飲まないと、
病気になったりしてしまいます。

水も一緒に置くようにしてください。

ドライフードのメリット

ドライフードの良いのは、完全栄養食であるからです。

水さえキチンと与えていれば、猫ちゃんは生きられるのです。

何といっても保存が効くので、カリカリを出しっぱなしにして、
数日なら問題ありません。

価格が安いのも割安なのも嬉しいですよね。

ですが、あまりに安すぎるフードは選ばないほうがいいです。

腹持ちのよいドライフードは、小麦や米、とうもろこしなどが多く含まれており、
非常に腹持ちもいいです。

ドライフードは、カロリー多く取れるので、猫ちゃんが肥満にならないように、

上げ過ぎには注意してください。

また、ドライフードは固いので、歯石になりにくく、
歯もカリカリ噛むので丈夫にもなります。

ドライフード口コミ

・猫ちゃんの食いつきも良く、毛並みはツヤツヤ、
瞳も綺麗ですし、目ヤニも出なくなりました。

良質なフードの証ですよね。

・カリカリと音をたてて、おいしそうに食べてくれます。

おなかを壊したこともありませんし、前に飼ってた猫ちゃんも、
このフードを食べていました。

なので、安心して与えています。

・最初はよく食いついて食べてくれました。

毛並みもよく、うんちもよくするようになりました。

ナチュラルバランス ホールボディヘルス(猫用ドライフード)

どんな猫ちゃんにも身体にも安心、カリカリ美味しそうに手ベてくれますよ(^^♪

『猫ちゃんのためにある猫餌はこれしかない!!』

↓ ↓ ↓

ナチュラルバランス 猫 オリジナルウルトラ ホールボディヘルス キャットフード 2.85kg

価格:4,644円
(2018/11/11 20:35時点)
感想(99件)

【無添加国産 オリジナル キャットフード】猫ちゃんの好きなご飯(エサ)は?