あなたの愛猫ちゃんは、太りすぎていませんか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA猫ちゃんの肥満とダイエット images (15)

簡単にできる猫ちゃんの肥満対策

もし猫ちゃんが太ってるのなら、の体に負担をかかるし、
様々な病気の要因となります!

猫ちゃんの肥満を解消してあげることが大事なので、
ダイエットは不可欠です。
猫ちゃんが栄養素たっぷり吸収できるダイエット用フード
猫ちゃんのダイエットは食事管理(摂取カロリー減らす)
をおススメします。

私と一緒に勉強しましょう。

猫ちゃんの基本となるダイエット

猫ちゃんのダイエットの目的肥満とは、
脂肪細胞に過剰な脂肪が蓄積された状態をいいます。

猫ちゃんの肥満も、余分な脂肪を持つことで、
①~④のような疾病になりやすくなります。

982280ed

※そこで増えすぎた体重を適正体重に戻す
「ダイエット」がとても必要です。

ダイエットの目的は、猫ちゃんが肥満から疾病に、
かからないための予防をすることです。

①代謝の変化
高脂血症、インスリン抵抗性の増加、グルコース不耐性、
脂肪肝、麻酔による合併症

②内分泌障害
クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、甲状腺機能低下症、
糖尿病、インスリノーマ、下垂体前葉色素嫌性腺腫、
下垂体機能低下症、視床下部の障害

③機能の変化
関節へのストレス、筋骨格の痛み、呼吸困難、高血圧、
難産、運動能力の低下、熱中症、免疫機能の低下

④その他
関節軟骨の摩耗等、変形性関節症、心血管系の疾患、転移性細胞癌
猫ちゃんを家族のようにかわいがっている人も、
肥満を見落としがちになりますので要注意してください。

※ダイエットの流れは、「現在の体型と体重を知る」→
「理想の体型と体重を知る」→「計画を立てる」→
「実践する」→「計画を評価する」になります。

※このサイクルを繰り返すことで、徐々に理想体型に近づきますし、
ダイエットの対象となるのは、健康な成猫だけです。

・猫ちゃんの現在の体型と体重を知る

ダイエットを始める前に、まず自分の猫ちゃんが今現在、
どのような状態にあるのかを把握することです。

猫ちゃんの肥満を測る際は、体型と体重を目安が一般的です。

・猫ちゃんの体型を写真にとる

猫ちゃんの体型を確認をして、終わるのではなく、
必ず、写真に収めておくのがいいです。

一定の撮影場所を決めて、そこで猫ちゃんの前、横、後ろ、
上からの姿を撮影しましょう。

※ダイエットの前後で写真を見比べれば、
どこがどのように変わったのかがわかります。

・猫ちゃんの体重を測る

猫ちゃんの体重は、決められた時間に測るようにします。

食事の前後と排泄の前後では、微妙に体重が変動しますので、
計測するタイミングを決めることで、誤差を減らせます。

測り方は、飼い主さんが猫ちゃんを抱えたまま体重計に乗り、
そこから、自分の体重を差し引くやり方が良いでしょう。

BCS20Chart (1)
※猫ちゃんの理想の体型と体重を知っておくのが大事です。

猫ちゃんのフードを選ぶ
身体活動レベルによって必要なエネルギーも変わります。

【猫ちゃん用ダイエットフード】

猫ちゃんの肥満用に製造されたダイエット専用フードは、
三大栄養素+ビタミン+ミネラルが、基準を満たすように
調整されてます。

また、満腹感を持続するため適度な繊維も含んでいます。

飼い主さんは、製品のラベルの栄養バランスを、
絶対、確認して選ぶようにしてください。

※ダイエット用フードに変える場合は、
猫ちゃんの食事を新しいフードに変える場合、少なくとも、
少しづつ変えていくのがいいでしょう。

いきなり全量を変えると、フードに含まれている
栄養素を十分消化しきれず、下痢やおならの原因となります。

ですので、猫ちゃんの消化酵素がフードの変化になれるよう、
全量の10%くらいから、徐々に入れ替えてあげましょう。

rc_c_jin_kyu

・猫ちゃん用ダイエットフードの量を測る

ペットフードのパッケージには、たいてい「給与量の目安」
として、体重に応じたエサの量が記してあります。

※注意しなければならないのは、この数字は
「理想体重1kg当たりの給餌量」である点です。

理想体重が5kgの猫ちゃんと6kgの猫ちゃんが
いたとします。

体重1kg当たりの給餌量に合わせてエサを与えると、
太った猫ちゃんに、本来より20%も余分なエネルギーを
与えてしまうことになります。

給餌量はあくまでも、理想体重の安静時エネルギー要求量から
導き出した厳密なカロリー数をスタートラインしてください。

・猫ちゃんのおやつ

猫こちゃんに一日の食事のほかに、おやつを与えている場合は、
このエネルギーもカウントしてください。

ダイエット中は、栄養バランスの乱れを防ぐため、おやつの割合を
全摂取カロリーの3~5%に、どめておきましょう。

少量だから安心しがちですが、熱量に応じた運動をしなければ、
与えたおやつは余剰エネルギーなので、体内に蓄積されます。

おやつの上げ過ぎないように量を見直ししてみましょう(^^♪

ヒルズプリスクリプション・ダイエット[犬猫用]

愛猫ちゃんの肥満回復して、健康な体に戻してあげてください。

↓ ↓ ↓

ヒルズプリスクリプション・ダイエット a/d 回復ケア チキン(缶) 156g×24 [犬猫用]