困った時の猫ちゃん専用通院バック

猫ちゃんが突然怪我したり病気で困ったときにあると便利です。

猫ちゃんが健康なときはいいですが、何時病気になるかわかりません!

身体に良くないモノを口にしたりもあります。

そんな時、動物病院へ連れて行くときや外出させるときは、

必ずキャリーバッグが合ったほうがいいです。

絶対必要です。

今日は、あなたの愛猫ちゃんに適したキャリーバッグの紹介をします。

猫用キャリーバッグの使い方

散歩も出来ちゃう猫用キャリーバッグ

猫ちゃんを外出させるときに、家にあるバッグなどに

必ず猫に対応したキャリーバッグに入れましょう。

ボストンバッグやバスケットを使う方見ますが、

とても危険ですので、絶対に猫用のキャリーバッグにしてください。

猫ちゃんが脱走したら、大変です。

猫用キャリーバッグのポイント

動物病院に行ったときに、上部が開くほうがいいですよ。

猫ちゃんを簡単に取り出せます。

病院でも、猫ちゃんをキャリーから出さないで処置も行えます。

バッグの中でも、猫ちゃんが方向転換できるくらいある方がいいですし、

飼い主さんも運びやすいのも欠かせないです。

猫ちゃんの移動手段によって、変わってきますので、

落ちつくネットも付いてるので、猫ちゃんが暴れたり、

飛び出したりもないです。

猫ちゃんの生死にかかわるキャリーバッグなので、

ちゃんとした猫ちゃん用のキャリーバック丈夫で安心です。

猫ちゃんによっては、嫌がったりする子もいますので、

時々キャリーバックに入れてあげましょう。

上からの出し入れのほうが自然だし、素材もネコにやさしい布です

安全プラス快適なお出かけのためにも最適ですよ。

あなたも、何時までも猫ちゃんライフをお楽しみください(^^♪


20th ガバッとオープン ねこ専用 通院バッグ+
おちつくネット付き

今なら【猫壱】おちつくネットが付いて、お値段そのまま!

猫を動物病院に連れて行くときに便利な猫用キャリーバッグ。
特許構造ガバッとオープンで猫を出し入れしやすい。

ねこ専用 通院バッグ+おちつくネット付き[猫用キャリーバッグ 通院用猫バッグ]