公園で拾い上げた赤ん坊の仔猫ちゃん

生まれて一日目の仔猫ちゃんが、家にやって来ました。

母猫から切り離して、公園に捨て去ったのと思います。

「かわいそうな仔猫ちゃん…」

まだ、当然ですが目も開いてないのて、母猫のお乳を飲みつけていたと思います。

3匹いたので、みんな家に連れて帰りました。

家で預かる子猫ちゃんたち

ちょうど家の外の方で、赤ちゃんを産んだ仔猫を保護してきたので、
母猫にその子たちを預けてみることにしました。

母猫は、わけ隔てなく仔猫ちゃんにも、お乳を上げていたのですが、
お乳が少し足らなそうみ見えたので、ミルクを買ってきて用意した。

ですが、哺乳瓶から飲もうとしませんでした?

「まだ、哺乳瓶では飲めないのか?」

そこでスポイトで飲ませてみました。

仔猫ちゃんがむせたらいけないので、少しづつ上げてみました。

今度はおいしそうに飲んでくれました。

「やったー!子猫ちゃんが飲んでくれたのが、とても嬉しかったです♪」

夜も起きているミルキー

夜間もあまり眠れませんでしたが、仔猫ちゃんも頑張ってくれたので、
何とかすくすくと成長していきました。

「私も嬉しくなりホットました。」

母猫のミルキーは、我が子のように愛情で、わけへだてなく
愛情を注いでくれたんです。

仔猫ちゃんが、一気に増えて五匹になってので、
とても大変だったと思います。

やがて離乳食のころになると、餌の取り合いを始めたのです。

餌の取り合いをしてましたが、みんな元気なので安心しました。

見てるだけで、子猫ちゃんがかわいいし、ちょっとおもしろかったです。

仔猫ちゃんは真剣でしたが、食べられない仔猫ちゃんには、
母猫がこうやって食べるのよって教えてました。

母猫ミルキーの愛情

「人間のお母さんと同じ母性愛ですね。」

お水も飲めなくてどうするのって仔猫もいましたが、
母猫がお水のそばに連れてって、手で仔猫ちゃんの頭を下げて、
こうやるのよと教えてました。

お顔にお水がついたりすると、母猫が「仕方のない子ね」
ってなめてました…(笑)。

仔猫ちゃんもワンちゃんもかもしれませんが、
わけ隔てなくかわいがったり、

悪いことや危ないことをしたりすると、母親はキチンと叱るのです。

まぁ、人間の下手なママさんより、本当に親身になって、
子供を育ててくれました。

やがて、ボスになった義理の猫ちゃんは、母猫に何かあると、
誰かが知らせるのか飛んでくるのです。

これは私が体験した【実話】です。

母猫ミルキーは、仔猫ちゃんたちに、見守られて静かに虹の橋へ…。

ありがとう!ミルキーに育てられた猫ちゃんたちも、
みんなそう言って見送った感じがしました。

ミルキーもあの世から子猫ちゃんたちを、きっと、
見守ってくれていると思います(^^♪