猫ちゃんの外飼いはどうなんだろう?

最近猫ちゃんを飼ってる人は放し飼いしない方が増えていますが、
田舎などでは放し飼いの人も多いみたいです。

私の実家も農家で田舎なので、家に入たり外に出たり自由でした。

たまには喧嘩したのか、ケガして帰ってくる時もありました。

近所の苦情とかはありませんでしたが、野良ネコちゃんと接したりしたら、
寄生虫もいますし、ちょっと心配です。

もちろん風邪もウイルスが原因で引きますし、安心できませんよね。

そんな猫ちゃんの外飼いについてお話します。


外飼いの注意点

猫ちゃんは外に出てしまうと何処に行ったのかわからないですし、
病気以外に車の事故も心配になりますよね。

猫ちゃんの習性を考えたら室内飼いをおススメします。

猫ちゃんの育った環境で違いがあります。

一番心配なのは、猫ちゃんのストレスです!

また、何を口にするかわかりません?

野生の本能があるので、若い猫ちゃんなどはジッとはしてくれません。

仔猫の時から部屋飼いならば大丈夫ですが、大人になってからでは大変です。

育った環境もあるからです。

外飼いの良い点

猫ちゃんの外飼いすることで、運動不足の解消にはなります。

猫ちゃんも自由に走ったり歩きまわったり、他の猫とも触れ合ったりして、
良い面も悪い面もでてきますが、猫ちゃんの肥満対策にはいいかもしれません。

外飼いは、注意も多いですのであまりおススメしません。

※猫を外飼いするのなら、ノミやダニの対策をしてあげましょう。

外飼いの猫ちゃんは、ノミやダニ、寄生虫などに感染する確率が高くなります。

こまめにシャンプーやブラッシングをしてあげてください。

猫ちゃんが安心できる部屋

室内飼いでも、猫ちゃんにしっかり運動させることもできますし、
コミュニケーションも図れますし、猫ちゃんの状態も見れてわかります。

猫ちゃんの外飼いは、メリットよりもデメリットのほうが多いです。

外飼いのいい対策は難しく無理でです。

もしものことがあった場合、悲しむのは飼い主さんです。

都会と田舎では違ってくるとは思いますが、近所の迷惑をかけなければ…

猫ちゃんに、飼い猫のしるしの首輪があったほうがいいです。

基本的には部屋飼いがおススメ

外飼いと室内飼いでは大きく違ってきます。

猫ちゃんを飼うのなら、飼い主さんの責任にかかってきます。

猫ちゃんの生命が一番大切になります、命より重いものはありません。

そう考えると室内飼いが圧倒的に良いですよね。

部屋飼いで猫ちゃんらしく、ストレスのない環境を作ってあげましょう。

室内飼いのがダントツで、猫ちゃんが幸せに暮らせるのだと思います。

それは飼い主さん次第ですね。

あなたも猫ちゃんと何時までも幸せに暮らせるようにしてください。

それが一番だと思います(^^♪

猫ちゃんの気持ちが知りたいのならこの一冊!! 

初めて猫を飼う人も、2匹目以降を迎える人も、
みんなで考えたい「猫のためにできること」 
保護猫との出会いからお世話まで、この1冊でわかる!

「ほとんどの人が気づいていない、
保護猫の気持ちのヒミツをご存じですか?」

⇓ ⇓ ⇓

【エントリーでポイント10倍 11/14 10:00〜11/21 9:59】【新品】【本】保護ねこのきもち 初めて猫を飼う人も、2匹目以降を迎える人も、みんなで考えたい「猫のためにできること」 保護猫との出会いからお世話まで、この1冊でわかる!

価格:
1,080円

(2018/11/19 13:28時点 )