老猫ちゃんの安心できる環境づくり

子猫ちゃんの時は可愛い猫ちゃんですが、
人間と同じように衰えていきます。

猫ちゃんを飼ってるとわかると思いますが、
猫ちゃんは年をとるのが早いすよね。

猫ちゃんは人間よりも、約4倍の速さで年をとるからです。

今では、猫ちゃんの寿命は15~20歳くらいです。

猫ちゃんの歳の取り方は、猫ちゃんにより違いますが、
飼っている猫ちゃんが7歳辺りから~10歳くらいになると、
高齢猫ちゃんになります。

人間だと中年になるので、あまり無理はできないので、
この辺りから猫ちゃんを注意してください。

なので日頃から猫ちゃんの観察うをして、
ケアをしてあげましょう。

猫ちゃんの老化

猫ちゃんは7歳までの成猫期は、健康で安定していますが、
年をとるのが早いので猫は7歳辺りから年をとったなと、
思える猫ちゃんも多いです。

動きやしぐさ、毛並み、体型が変わってきます。

猫ちゃんも11歳頃から高齢期に入ります。

見た目で、13歳過ぎても変わらない猫ちゃんもいます。

普通は、10歳過ぎると老猫ちゃんになったなとわかります。

猫ちゃんの種類でも違ってきますので、11歳を超えたら、
老化が見られます。

猫ちゃんの老化のサイン

・歯が弱ってくる
・あまり動かなくなる
・毛艶がなくなる
・セルフグルーミングが減る
・食事が変化する
・口や舌にシミが出る
・白髪が増える
・爪が伸びるのが遅い
・痩せてくる
・お腹が垂れてくる
・爪の伸びが遅くなる
・体温調整が弱くなる

老猫ちゃんのケア

猫ちゃんは老猫になると、行動範囲も狭くなってくるので、
家の中では、観察しながら快適に暮らせるようにします。

トイレや水の位置も増やしたり変えたりしてあげる。

温度にも注意して、安全な空間の環境を作って上げましょう。

また、病気にもなりやすいので、常に清潔にしておきます。

いつまでも老猫ちゃんと、幸せに暮らせるように工夫して、
環境を調えてあげましょう(^^♪

腎臓や心臓が加齢とともに