(ねこちゃんの習性)飼う室内環境

o0600043712146347765

ねこちゃんを飼うときの環境の整え方をまとめました。
室内でねこちゃんを飼うことを推奨していますので、
室内におけるねこちゃんの飼育環境について話してい
きます。イージーキャットトンネル【猫用品/オリジナルトーイ】【おもちゃ トーイ トンネル 猫トンネル …

ねこちゃんをどこで飼うか?

窓際でくつろぐ猫

ねこちゃんを飼うときには、大きく分けて二つの方法が
あります。
一つは完全室内飼い、もう一つは放し飼いです。
猫を外で飼うべきか室内で飼うべきかという点において、
メリットとデメリットを列挙して比較してみましょう。

完全室内飼いのメリット

117

完全室内飼いとは文字通り室内のみで飼う方法で、基本
的にねこちゃんは家の外に出ません。
放し飼いとは、ねこちゃんが自由に外と家を行き来でき
るような飼い方で、サザエさんの「タマ」をご想像頂け
ると分かりやすいかと思います。イージーキャットトンネル【猫用品/オリジナルトーイ】【おもちゃ トーイ トンネル 猫トンネル …

都会などで猫を飼おうとする場合は「完全室内飼い」が
望ましいでしょう。
以下では「完全室内飼い」のメリット、及び「放し飼い
」のデメリットを列挙(れっきょ)しますので、なぜ「
完全室内飼い」が薦められるのかの参考にして下さい。

完全室内飼いのメリット

ねこちゃんは留守番が得意
猫は元来「待ち伏せ型」で狩猟を行います。何かをじっ
と待つことに対してそれほど苦痛は感じない動物です。

ねこちゃんは孤独が苦痛ではない
犬とは違い、猫には単独行動に対しても順応性がありま
す。
仲間がいないと寂しくて夜鳴きするということは基本的
にありません。

ねこちゃんは人間が帰宅する夕方以降に活発化する
猫は夜行性(厳密に言えば薄明薄暮性)なので、太陽が
沈んで薄暗くなってから本領発揮します。
仕事から帰宅した飼い主と生活のリズムを合わせやすい
ことが多いです。

ねこちゃんは泣き声が小さい
猫は群れを成して鳴き声でコミュニケーションをはかる
動物ではありません。
繁殖期など特殊な時期を除いて、鳴き声が騒音となるこ
とはまれです。
また、あらかじめ不妊手術を施せば、繁殖期における赤
ん坊の泣き声のような騒音すらなくなります。

ねこちゃんは狭い室内に順応してくれる
猫は縄張り意識を持ちますが、たとえ支配しているテリ
トリーは狭くても、それ(つまり住んでいる家)が完全
に守られおり、エサが充分に確保できていれば、苦痛に
感じるどころか、逆に安心して暮らしていけます。 

放し飼いのデメリット

7O3nD8
 
室内飼いには多くのメリットがある一方で、放し飼いに
は逆に多々のデメリットがあります。イージーキャットトンネル【猫用品/オリジナルトーイ】【おもちゃ トーイ トンネル 猫トンネル …
以下で述べるように、交通量が多く、暮らしている猫の
密度も濃い都会においては、猫を自由に外に出すことに
はそれ相応のリスクが伴います。

放し飼いのデメリット

交通事故に遭う危険性が高い
猫は前進運動と比較して、「後ずさり」が苦手です。
また、驚くと体が硬直して動かなくなる猫も多くいます
。そういった理由で交通事故に遭い、命を落とす猫が後
を絶ちません。

エンジンルームに巻き込まれる
猫は適度に温かくて暗いボンネットの中や車体の中(下
からもぐりこむ)で居眠りすることがあります。
猫がいることに気づかず自動車が発進して命を落とすと
いうケースもあります。

迷子になることがある
猫には基本的に帰巣本能(元いた場所に戻る能力)があ
りますが、100%の確率で家にたどり着けるわけではあり
ません。
保健所に連行されたり、心無い人に虐待されたりして命
を落とすケースもあります。

他の猫とのけんか
猫には自分の縄張り(テリトリー)があります。
このテリトリーをめぐって他の猫と争いになり、大怪我
を負うことも考えられます。

感染症の危険がある
他の猫とのケンカしたときの傷口などから、他の猫の唾
液が何らかのきっかけで体内に入ったり、交尾行動に伴
う体液交換で感染症にかかるリスクが高まります。

猫捕りのターゲットになる
世の中には「猫捕り」(猫狩り)と呼ばれる行為がまれ
に見られます。
これは主として野良猫、そして時には首輪の付いた飼い
猫までをもかっさらい、大学の研究機関や製薬会社に売
り払って小銭を稼ぐという行為です。
猫を放し飼いにしていると、いつこうした不届き者の犠
牲になるとも限りません。

s_cbybk7x8
 ここが、暖かくていいニャ♪

ねこちゃんも楽しく遊びます♪
  ↓  ↓  ↓