■お江戸カツラの猫ちゃん

th (3)

今回は、猫が大好きなあなたにおススメしちゃいます!

あなたは猫ちゃんのお江戸のカツラ知ってますか?

愛猫ちゃんにカツラを被ると、これまためっちゃ面白い姿になるんですよ!
普段は可愛い猫ちゃんでもブサイクな顔になっちゃいました(ウケル笑)
「笑いが止まりませんでした」

普段は可愛い猫ちゃんですけど、ちょっとかつらを被せてみました。

二匹の猫ちゃんの表情は自然体で可愛いのですが、

ちょんまげと着物なので、提灯とオモチャの刀をそえても面白いです。

もし、二匹以上いたら、着物でも着せたくなりますよね(笑)

おそらく、お似合いのカップルになるのではないでしょうか?

神社やお寺にでも連れて行ったら、猫ちゃんの江戸時代の写真が取れます。

①猫かつらを被せたら、ねこちゃんが何故かキリッとした
 顔つきになり、男前になりました!

猫かつら YouTubeより

②お姫様かつらも、どこから見てもお江戸の町娘に見えますから、
違和感も全くありませんでした!
最近、やんちゃな猫ちゃんも上品に なったよな…

可愛い猫の芸者 YouTubeより

※2つともサイコー普段から見れない姿を見れたので、キュートでした♪

【江戸の猫侍と猫娘🐾】

『浮世絵』江戸時代のネコ好きが描いた絵がかわい…

70824b8e

1603年~1868年「江戸時代」

この時代ねこちゃんは、数少なかったので、貴重な動物だったみたいです。

蚕を食べたりしてたネズミを、駆除するための守り神だったみたいです。

また、猫絵を描いて養蚕農家に売り歩く者もいたみたいです。

th (5)

歌川国芳は十数匹の猫を飼い、懐に猫を抱きながら絵を
描いていたという無類の猫好きだったそうです。

彼の作品には猫を題材にした作品も多く、上の『猫飼好五十三疋』は
「東海道五十三次」は大作です。

■猫の文化

江戸時代の猫の名前は

招き猫は、江戸時代に実在した猫をモデルにしたもので、
その猫の名前は「タマ」という。

①猫ちゃんが玉でよく遊んでいたので、
「タマ」という名前が定着したと言われてます。

②猫ちゃんが霊的な動物だと言われていました。

「霊(たま)、魂(たま)」から「タマ」と名前がつけられた。

可愛い猫=玉のような猫=タマとなったと言われています。

縁起物「招き猫」は江戸 で発祥しましたので、
江戸の昔からタマ=ネコのイメージは強かったようです。

また、『ネコ、ミケ、ブチ、トラ、シロ』等々もあったみたいです!

●猫の名前ランキング(2015)
1位 モモ
2位 ミルク
3位 ミー
4位 ソラ・ヒメ
5位 ミイ・リン

▼ねこちゃんのちょんまげのにゃん殿、お殿様のにゃん姫にしてみませんか!
きっと、忘れられない思い出になりますよ(^^♪

↓  ↓  ↓