■ねこちゃんの猫アレルギー対策

1.8.1 (1)

あなたは、「ねこちゃんが大好きなんだけど、猫アレルギーで飼えない!」

それでも、ねこちゃんと暮らしたいと思いますよね!

猫アレルギーとは?

くちゃみ、鼻水、咳、のどの痛み、目の充血、目鼻皮膚のかゆみなどです。

くしゃみ・鼻水なので、花粉症の症状に似てます。

「くちゃみ、鼻水、咳、のどの痛み、目の充血、目鼻皮膚のかゆみです」

健康のためには花粉やハウスダストをお部屋に溜めないことが大切です。

猫アレルギーはなるのか?

アレルギーの原因になる「アレルゲン」の成分が体内に入ると
猫アレルギーになります。

このアレルゲンを排除しようとすると体調を悪くしてしまい、

猫アレルギーという症状が出てしまいます。

shick_g07

くしゃみの速さは320km/hくらいで、
新幹線(E5系E6系)はやぶさの最高速度と同じです!

猫アレルギーのチェック

ねこちゃんがすきだからといっても、もし、猫アレルギーになったら、

ねこちゃんがに嫌なことをしたり、思いをさせないようにも、

飼い主さんが猫アレルギーかどうかを事前に知っておきましょう。

※猫アレルギーの検査は、血液検査や皮膚の表面を軽く針で刺す
【プリックテスト】は病院で受けるのをおススメします。
(皮膚に穴を開けて、アレルゲンを塗布して反応を見るテスト)

 
猫アレルギー対策

まだ、猫アレルギーに、有効な治療法は解明されていません。

ですが、アレルギーを引き起こすアレルゲンと触れる機会を減らすことで、
症状を今よりも軽くすることができます。

なので、ねこちゃんと飼い主さんの付き合い方を見直してみましょう。

どうしたら、ねこちゃんのアレルゲンを減らしていくには何がいいのかを、
考えてみることが大事だと思います。

部屋を綺麗にする

ねこちゃんのフケや毛がカーテンや床などに付着することで、
アレルゲンなどを取り込んでしまいますので、そうならない様にしましょう。

①カーテン、ソファー、床などは掃除機やモップでこまめに
掃除や洗濯をしてあげましょう。

②ねこちゃんに、シャンプー・ブラッシング(月一)はしてあげましょう。
(マスクをしながら行ってください)

③アレルギーの薬を用意
鼻水くらいなら市販のアレルギー用の鼻炎薬でいもいいですが、
病院で処方してもらうのがよいでしょう。

20130314081305

ねこちゃんが、猫アレルギーだから一緒に住めないとわけではありません。

アレルギーがある飼い主さんでも、工夫を凝らすことでねこちゃんを、
飼うことも可能です。

ぜひ、ねこちゃんのアレルゲンに触れる機会を減らしてあげて、
「ハッピーネコライフ」になるようにしてあげましょう。

▼猫アレルギー対策用品

 ↓  ↓  ↓

■猫アレルギー対策用品