猫ちゃんのボディーランゲージ

ボディーランゲージとは

仲間とコミュニケーションをとる方法として、
「身振りや顔の表情などで相手に意思を伝えるしぐさ」
で、ボディーランゲージを使っています。

猫ちゃんを飼ってる人も、ねこちゃんのしぐさや行動で、
「アレ!何してるんだろ?」

なんて思ことはないですか?

猫ちゃんは、鳴き声もそうですが、しっぽ、ヒゲ、
耳、動作などで、感情表現をしています。

こういった猫ちゃんのしぐさや行動には意味がありますから、
基本的な知識と観察力をもって、猫ちゃんと接触しましょう。

そうしたら、猫ちゃんとも、コミュニケーションが、
うまくとれようになるでしょう。

猫ちゃんにより、鳴き声の意味の違いもありますが、
猫ちゃんと生活をしてると、だんだんわかるようになります。

猫ちゃんの心理が見えてくる

猫のボディーランゲージ画像

注)ある程度の目安にしてください。

・うれしいときは、のどをゴロゴロ鳴らします。

・満足しているときは、ヒゲがピンと立ちます。

・猫ちゃんが、鼻先をくっつけるのは、「こんにちは」
 などのあいさつです。

・片目をつぶってこちらを見てるときは、甘えたり愛情を、
 要求しているときです。

・しっぽをピンと立てたり、顔をスリスリしてきたときは、
 甘えているときです。

・しっぽをピンと立てて、しっぽの先をピクピクしているのは、
 興味と緊張を感じているときにする動作です。

・不愉快なとき、うれしいとき、戸惑ったときのシグナルで、
 感情が高ぶったときにも、しっぽをふります。

・怖がっているときは、しっぽを巻いて耳を寝かせて、
 姿勢を低くします。

・萎縮は、相手の攻撃心をなくそうとしている。

・威嚇は、相手をおどしたり、おどしつけること。

・耳を伏せ、背中の毛を逆立てて背を丸くしているときは、
 ケンカをふっかけている姿勢です。

・相手に自分を大きく見せようと、斜めの姿勢になっているときは、
 これから攻撃しようとするしぐさです。

・耳を後ろに傾け、じっとして一点を見ているときは、
「ほうっておいてくれ!」と、かまって欲しくないときときです。

・爪を立てるは、普段隠れていますが、怒ったり
 攻撃態勢になったときに、鋭い爪を立てたりします。

猫ちゃんの気持ちを表すボディーランゲージは、他にもありますが、
猫ちゃんの習性や本能を知るこどで、猫ちゃんのしつけにも繋がりますので、
猫ちゃんとの暮らしも楽しくなっていくはずです(^^♪