猫ちゃんの引越しの注意点

猫ちゃんの引っ越しは、私たち以上にストレスを感じています!

私たち人間の都合で、引っ越しが決まるのは仕方ありませんが、
猫ちゃんにとっては、環境が変わるので移動も心配ですよね。

特に病弱だったり、老猫ちゃんだと心配で気を使いますよね。

飼い主さんも、なるべくストレスにならないようにケアしてあげたいですね。

今回は、猫ちゃんと一緒に引越しする場合の注意点、
なるべくストレスを与えない、軽減法をお話します!

猫ちゃんの為の準備

・家具と猫グッズは

引越しの準備は、一気にやらないで少しずつ整理しましょう。

一気に物が無くなると、猫ちゃんも慌ててしまいます。

だんだんと食器類や本、服など不要な物を減らしていくのがいいです。

ただし、猫ちゃんが慣れ安心感がある家具や猫グッズを捨てるのは駄目です!

新居に移っても、今までと同じ環境にしてあげることが重要なのです。

猫ちゃんが新居に慣れてから、家具とか変えてあげるようにします。

今まで猫ちゃんが使って匂いのついた猫砂も捨てないでください。

新居に移っても、使用済みの砂の入った猫トイレを設置すれば、
「ここがトイレだ」と認識して落ち着きます。

また、慣れない場所にかわると、いつも大人しい猫ちゃんも脱走したりしますので、
そうならないためにも、首輪とか札の装着しておくのもいいですよね。

「ねこちゃんに、ここに居てね」と言ってもわかりませんから。

・猫ちゃんを慣らすには

引越しの日は、猫ちゃんへの気を使ってあげて、スムーズに新居に移動させます。

引越し作業してるときは、猫ちゃんを風呂場などに閉じ込めておくのがいいです。
(浴槽の水を抜いて、お気に入り物、寝床、トイレ、キャリーなど一緒におきます)

近くに、ペットホテルや動物病院があれば預けてもよいです。

・徐々に新居に慣れさせる

猫ちゃんには、徐々に1部屋ずつ慣れさせましょう。

猫ちゃんの匂いのついたグッズを、家のあちこちに置いておいていきます。

猫ちゃんは、飼い主がいると安心しますので、おもちゃで遊んであげましょう。

猫ちゃんが、食欲や排便に異常がないか見てあげて、トイレをしない、
ご飯を食べないといつもと違う場合は、動物病院に連れていきましょう。

ストレスかもしれませんが、病気になってからでは大変ですから!

引っ越して、1週間くらいで慣れる猫ちゃんもいますが、
ゲージなどに引きこもるねこちゃんも居ます。

なので、飼い主さんが不安にならないよう、逃走しないように見守ってあげてください。

あまり神経質にならないようにして、猫ちゃんのストレスを少なくしてあげることです。

だんだん猫ちゃんも慣れてきますので、人間にとっても猫ちゃんにとっても、
快適な新居になると思いますよ(^^♪

猫ちゃんの移動ストレス