猫ちゃんの飲みやすい水飲み場

猫ちゃんには、猫ちゃんに必要な最低の水分量があります。

猫ちゃんが必要な水分を、必要な時にに与えることがいいです。

良く猫ちゃんは、エサの横に水を用意して置いても、
お風呂場水だったり、キッチンの蛇口の水を飲んでたりします。

猫ちゃんの安全で飲みやすい飲み方のお話をしたいと思います。

どうしてでしょう?

ちゃんと理由があります。

猫ちゃんには舌で、水の味がわかるからです。

外にある温かいや、水道水、ミネラルウォーターの味が違うからです。

猫ちゃんは少しぬるま湯で、流水の水も好みます。

水の与え方

基本的に、猫ちゃんは、いつ飲むとかは決まってないので、
24時間水を飲める状態にしてあげましょう。

良く飲むときは、エサを与えた時に水を飲むことが多いです。

また、水は、1日に1回の頻度で取り換えてあげるのがいいです。

器はプラスチックか陶器の材質のをオススメします。

器も少し重さがあるのがいいです、器が動かないのを選びましょう。

器の高さも大事なので、老猫などは首を曲げるのはよくないです。

与える水

一般的には水道水ですが、ミネラルウォーターやペット用の水を、
与えてる方もいます。

地域によっては塩素が多量に含まれている所もありますが、
基本的に水道水でも問題はありません。

塩素が多量に含まれている地域で心配な方は、浄水器で一度浄水してから、
水を与えるほうが安全です。

猫ちゃんが水を飲まない時は、やり方の工夫をしてあげましょう。

ねこちゃんによっては、水を器に入れて置いても飲まない場合があります。

器の高さを変えてあげると、飲み始める猫ちゃんもいます。

子猫ちゃんなら慣れてくれますが、猫ちゃんによっては、
流水や水音を好む猫ちゃんもいますので、いろいろ試してみてください。

与える水の量

猫ちゃんの祖先は砂漠地帯に生活してたので、少量の水でも
活動できる体質なので、水をたくさん飲んだりはしません。

水分量が不足すると、膀胱炎や尿石症の病気なっても大変ですので、
水分不足になっていないようチェックすることは大事です。

猫ちゃんの健康状態を日々観察してると、異変にも気付きやすくなります。

決まった時に水を与えることで、飲んだ飲まないの変化もわかりますので、
猫ちゃんの健康状態のチャックもわかります。

水を飲まないで、脱水状態になっても心配ですが、水を異常に飲むのも、
病気の兆候かもなので見逃さないようにしてあげましょう。

心配なときは、早めに獣医さんに相談して、
検査してもうようにしてください(^^♪

ピュアクリスタル PROクリアフロー 猫用 ホワイト

初めての猫ちゃんでも飲みやすい器になっています。

健康維持のためにフィルターは3週間-1ヶ月に1回は必ず交換してください。

本体(トップファンネル・フィルタートレイ・ベースタンク)を、
清潔に保つために週1度必ず各部を洗浄してください。

猫ちゃんにも安心で安全な器です。

 ↓ ↓ ↓

猫ちゃんも喜ぶ食器トレー 猫柄セット