猫の赤ちゃんはめっちゃ!可愛い♪

猫ちゃんマニアにはたまらない、猫の赤ちゃん♪

猫の赤ちゃんには、とても癒されますよね!

猫の赤ちゃんのからだは、メチャクチャ柔らかくて、
小さな手足を動かしてる姿を見てるだけで可愛いです。

つぶらな瞳で目が合ったときの仕草もたまりません。

ちょっとお母さんにでもなった様な、気になります…

「何とかしてあげたいという、母性本能かも…?」

そんな猫の赤ちゃんを見てるだけで癒されますよね。

猫の赤ちゃんの育て方や離乳が終わった赤ちゃんから、
「仔猫の育て方」の勉強をしていきましょう。

猫の赤ちゃん

猫の赤ちゃんは、生後1ヶ月半を過ぎるまでは、母猫ちゃんの母乳で育てています。

仔猫ちゃんの便や尿は、母猫ちゃんが綺麗に舐めてくれます。

猫のあかちゃんを育てるのには、母猫ちゃんがしてあげてることをしなくてはなりません。

母猫ちゃんの側で寝たり、目が覚めては母乳を吸って過ごしています。

その代わりに飼い主さんが育てることはとても大変です!

また、猫ちゃんにもよりますが、2時間起き位に目を覚ます子もいますが、
4~6時間位まで平気で寝ている子もいます。

心配な時は起こして授乳してあげる子もいます。

もちろん、夜中に起きて授乳することも必要になりますので、大変です…

仔猫ちゃんによって個性がありますので、新しい発見があるので、
勉強にもなるので、その子にあった子育てをしてあげてください。

なれるまで大変かと思いますが、子猫中心に考えるようにしてください。

仔猫育ても、きっとうまくいくと思いますよ。

赤ちゃん猫を育てる4つのポイント

1.体温調節
2.排泄
3.授乳
4.睡眠

それぞれに気配りをしましょう。

必ず手を洗い清潔にしてから、赤ちゃん猫の世話をしてください。
(お湯で洗い、手を暖める)

また、細菌感染や体温低下にならないようにように心がけてください。

愛情をもって育ててあげましょう(^^♪

0才からのしあわせな子猫の育て方
詳しく仔猫ちゃんの育て方や飼い方が書かれていますので、
安心して育てられるようになります。

 ↓ ↓ ↓