子猫ちゃんの授乳

猫ちゃん大好きなあなたは、授乳期の猫ちゃん高に困っていませんか?

そんな方の参考となる、正しいミルクの飲ませ方をご紹介します。

生まれて間もない授乳期の子猫ちゃん、子猫ちゃんが生まれてから、
3週くらいまでは、母猫の母乳が大事で必要です。

そんな子猫ちゃんも多いと思います。

通常なら、母猫ちゃんからの母乳の成分から免疫力・抵抗力を吸収してないので、
非常に危険性がありますので、早めに獣医さんに見てもらってください。

子猫ちゃんに牛乳は!?

猫ちゃんに牛乳とあげてる方もまだ多いですが、これは大間違いです!

一般に売られてる牛乳は、人間用に調整された牛乳です。

猫ちゃんには分解出来ない「乳糖」という成分も含まれていますので、
下痢をしてしまう猫ちゃんも多いみたいです。

そんな牛乳では、仔猫には栄養が全く足りません!

気を付けないと栄養失調で亡くなることもあります。

なので、猫ちゃんには、きちんと調整がさたペット用ミルクを、
間違えなく与えてください!


「赤ちゃん猫★授乳中」YouTubeより引用

【猫用ミルクの種類】

仔猫ちゃんには代用乳の仔猫専用の「仔猫用ミルク」を、与えましょう。

授乳のときは、「子猫用ミルク」と「子猫用哺乳瓶」が必要になります。

仔猫用ミルクには、液状ミルクと粉末ミルクがあります。

粉末ミルクは、お湯で溶かして母体の温度、38度位まで冷ましてから、
与えてください。

粉末ミルク

販売されている「子猫用ミルク」には、添付のスプーンが付いていますので、
缶に明記してある指示に従って調乳してください。

粉ミルクがダマにならない様に、50~60℃位のお湯に規定量の半分~2/3位を、
ほ乳瓶に入れるようにしてください。

それから規定量のミルクを入れて良く溶かします。

シェイカーのように軽く振ってください。

また、気泡が消えてから授乳するようにしてください。

粉ミルクによっては、溶けにくい物もありますので、調乳してから、
裏ごししてからあげるのもお勧めします。

【正規品】森乳サンワールド ワンラック
キャットミルク 270g

最新の知見・技術により、成分をさらに猫の母乳に近づけました。
乳糖を調整し、機能性素材も豊富に配合した総合栄養食。
タウリンも強化。

 ↓ ↓ ↓

ミルクをあげる回数・量は!?

子猫ちゃんの体重などにより、一日に与える「子猫用ミルク」の量も異なります。

獣医さんに行ったときに、子猫ちゃんの体重や週齢がわかりしやすいので、
連れて行ったときに聞くようにしてください。

子猫ちゃんにより多少の違いはありますが、目安としては、体重が400g位までは、
授乳が必要なので注意して見てあげてください。

・生後0日~10日までは・体重130~180gの期間は、10~12gの子猫専用の
ミルクを、お湯に溶かしたものを、1日5~6回与えるようにしてください。

・生後11~20日までの間・体重200~280gの期間は、16~20gを溶かして、
1日4~5回与えるようにします。

・生後21日以降・体重330~400gの期間は、24~30gを溶かして、
3~4回与えてください。

・生まれたて間もない子猫ちゃんは、胃がまだ小さいので、一度にたくさんの
量を、取ることができません。

なので、一日に回数、小分けにして与えるようにしてください。

・生後10日過ぎてくると徐々に安定してくるので、一日の回数も減らしていき、
一度に与える量を増やしていきましょう。

・4週目になると400gを超えてくると思うので、この位から少しずつ、
離乳食を与えていってください。

ペット用 哺乳器 森乳 ワンラック 細口乳首(スペア付き)120ml
【国産品】【子犬/離乳/子猫/ミルク/授乳/哺乳瓶/ペット】

飲ませやすく、煮沸消毒もできて衛生的な哺乳器。
母猫ちゃんが与えてるみたい。

 ↓ ↓ ↓